はじめての整体でも安心!初回は保証つきの整体! 
肩こり、腰痛でお悩みの方はあかとき庵へ!! 
ホームページはこちら
施術・教室のご予約・お問い合わせは075-708-6146まで

2017年6月13日火曜日

イタリア滞在日誌第8話 「ミラノでスリ男に遭遇?出会いと別れのドゥオーモ」




こんにちは!
整体・操体 あかとき庵の小松です。


私は、今年の1/21、22にイタリアへ単身
渡りまして、セミナーを開催してきました。

今回の第8話では、
・チョコで有名なペルジーナ
・ミラノの要塞
・スリ男に遭遇
・出会いと別れのドゥオーモ

などのエピソードが書いてあります。

楽しんで読んでいただければ幸いです(^^)
-------------------
ミラノ後編 2017,1,23

食事を終えた後は、ミラノの街をブラブラ
歩きながらスフォルツァ城へ向かった。

イタリア最大の人口を持つミラノだが、
ふと細い路地に目をやると、

赤茶色の屋根に古い煙突がある
昔ながらの家があった。
写真を撮り忘れました。残念・・・)

これぞまさに、私が大好きなアニメ、
「ロミオの青い空」に出てくるミラノの
世界観だったので、嬉しくなった。




途中、マルコとフェデリカが、
ペルジーナに立ち寄ることを提案してきた。

ペルジーナはイタリアで有名な
チョコレートショップで、
「日本へのお土産にいいんじゃない?」
とのこと。

店に入ると、バラエティー豊かな
チョコレートが盛りだくさん。

とくに量り売りコーナーが人気だった。

マルコとフェデリカも、ウキウキ
しながらチョコを袋につめている(笑)

僕も何種類かのチョコをお土産に買った。

店内にはチョコレートの時計やカップ
などのグッズも置いてあり、手広くやっている。

とくに卓上チョコ時計はウネウネした
変わったデザインがおもしろく、

「店に置いたらおもしろいかな~」
なんて思い、最後まで買おうか迷った。


スフォルツァ城に着いた頃には、
少し日が暮れかけていた。

このお城はレオナルド・ダ・ヴィンチも
建築に加わったと言われているお城で、
立派だった。

中世のイタリアを彷彿させる
レンガ積みの城壁は圧巻で、迫力がある。

ミラノは多くの争いに巻き込まれてきた
歴史があるので、このようなしっかりとした
要塞になったのだそうだ。

また建築物全体もそうだが、敷地内にある
石像や壁画など、どれもが芸術品。

お城に来ているというより、
美術館に来ているような感じがした。
(実際に城内には市立博物館がある)










お城を見終わった後は、いよいよ
一番行きたかったドゥオーモへ
向かった。

このときミラノの街はすでに夕方。

オレンジ色に染まったドゥオーモが
近づいてきた。

それはロミオの青い空の
オープニングのような景色だった。




ーーーーーーーーーー
スリ男に遭遇

ーーーーーーーーーー 


ドゥオーモに入るには入場券が
必要なので、券売り場で並んだ。

午前中は観光客で券売り場は
ごった返していたが、この時間は
もう少なくなっていた。

中に入るまでの時間、マルコと
フェデリカと立ち話をしていたら、
何か視線を感じる。

その方へ目をやると、スマホを片手に
僕らの方をチラチラと見ている男が
近くにいた。

歳は10代後半だろうか。

少し色黒なその男の仕草は、
今までの経験上かなりあやしい。

ミラノはスリが多いときいていたが、
まさに今、僕らはスリにねらわれている。

観光客になりすました男の視線の先は、
僕らのポケットやカバンにあるのだ(笑)

やれやれと思い、マルコに
「スリがいるぞ」
とアイサインを送ると、マルコも気づいて
いたようで、苦笑いをしていた。

そしてその男に、
「俺たちは気づいているぞ」
とアイサインを送ると、男はあきらめたのか、
口笛を吹いて広場へ向かっていった。

広場に行った男の様子を遠目からうかがうと、
わざとらしくスマホで自撮りをしている。

観光客を演じているつもりなのだろうが、
目が観光している人の目ではない(笑)

彼がどんな事情があってスリをしている
のかは知らないが、

将来、いい出会いがちがう仕事のご縁を
運んでくれることを心から願う。

ーーーーーーーーーー
出会いと別れのドゥオーモ
ーーーーーーーーーー

スリ男の件が終わった頃、いよいよ
ドゥオーモの中に入ることができた。

ミラノの中心ドゥオーモの中は、
とてつもなく広く、言葉が出なかった。

もう日が暮れかけている時間だからか、
教会の中は少し暗く、冷んやりとした
空気が流れていた。

そこにパイプオルガンの音が響きわたり、
ゴシック建築の重厚な世界をより際立た
せていた。

僕はロミオの青い空のクライマックスの
シーンをこのとき思い出していた。

それはロミオの盟友アルフレッドが
重い病になり、教会でロミオと最後の別れを
するシーンだ。

その雰囲気が薄暗くなったドゥオーモと
重なり、人生の出会いと別れのドラマを
強烈に全身で感じる時間だった。

ドゥオーモを出ると、もう街は夜に
なろうとしていた。

憧れのロミオの青い空の世界を経験でき、
帰りの電車では何とも言葉で表現できない
ような疲労感に包まれトリノへ戻った。






***********
イタリアセミナーダイジェストムービー




今回のブログは、僕が配信している
メルマガの内容をシェアしました。
もしあなたが、
「おもしろいな~」
と思ったのでしたら、ぜひ登録してくださいね!
購読は無料ですので、お気軽にどうぞ^^
メルマガは最新情報が最速であなたに届き

ますので、ぜひ!
↓↓↓



都東山 整体」 ヤフー、グーグル検索でダントツ1位!
地域最多のお客様の声!
京都市内で整体をお探しなら、
あかとき庵のホームページへ



読了後、よかったらポチっと一押し宜しくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

0 件のコメント:

コメントを投稿